中小企業M&Aガイドライン遵守について

個人事業の売却!相談先と基礎知識!

個人事業の事業承継・M&A

個人事業を売却したい!その相談先と個人事業売却のための基礎知識について解説

今回は「個人事業の売却!相談先と基礎知識!」について、解説します。

あまり知られてませんが、個人事業は売却可能です。

しかし、どこに相談すれば、よいのでしょうか?

答えは、「個人事業の相談も受付可能な、スモールM&Aアドバイザーに相談する」です。

個人事業の売却価額の相場は、100~2,000万円程であり、M&A上、スモールM&AやマイクロM&Aと呼ばれる小規模M&Aに分類されます。

一般のM&Aアドバイザーは個人事業は元より、小規模M&A自体の相談受付をしません。

ですが、個人事業についても相談受付してくれるスモールM&Aアドバイザーであれば、通常のM&A報酬よりも安価であり、売却先を探し、事業承継をサポートもしてくれます。

近年では、個人事業を買収したい買い手も多く現れ、個人事業のM&Aも珍しくありません。

個人事業の廃業を予定している方でも、事業売却も検討の1つとして考えるべきです。

今回の記事では、相談先である、「スモールM&Aアドバイザーについて」と、個人事業を売却する時の基礎知識となる、「手続き方法」「事業評価」「注意点」を解説します。

それでは、「個人事業の売却!相談先と基礎知識!」について、解説して行きましょう。

《参考記事》

スモールM&Aアドバイザーとは?

スモールM&Aとは?

マイクロM&Aとは?

スモールM&AとマイクロM&Aの違いとは?

個人事業の事業承継・M&A 記事一覧

《関連記事》

個人事業の事業承継・M&A 記事一覧

スモールM&A 記事一覧

M&A・事業承継 企業概要書作成プラン

スモールM&Aのデューデリジェンスのご依頼もお受付致します。

個人事業を売却したい!その相談先と個人事業売却のための基礎知識についてを解説

それでは、個人事業売却の相談先と基礎知識についてを解説して行きます。

※解説の中に、参考記事のリンクも記載してます。併せてご覧ください。

スモールM&Aアドバイザーに相談

スモールM&Aアドバイザーとは、小規模事業専門のM&Aアドバイザーの事で、所謂(いわゆる)スモールM&A、マイクロM&Aを専門にサポートしてくれるM&A専門家の事です。

一般のM&Aアドバイザーは、主に売却価額1億円以上の案件を扱っており、その分、M&A報酬は、1,000~2,000万円を最低報酬としています。

一方、スモールM&Aアドバイザーは、一般的に最低報酬300~500万円前後でアドバイザリー契約を受付ています。

《参考記事》

M&A手数料はどのくらいかかるの?

スモールM&Aアドバイザーとは?

スモールM&Aとは?

マイクロM&Aとは?

スモールM&AとマイクロM&Aの違いとは?

スモールM&Aアドバイザーでも個人事業も対応可能?M&A報酬は?

スモールM&Aアドバイザーへの相談のポイントとなるのは、「個人事業も対応可能か?」「M&A報酬」についてです。

スモールM&Aアドバイザーでも、「法人のみ」や、「事業評価額1,000万円以上」など、受付する案件を選別しているケースが多く、個人事業の受付をしない場合もあります。(むしろ個人事業の事業承継・M&Aは対象外としてるアドバイザーの方が多い)

アドバイザーによっても専門分野があり、「専門業種のみの受付」や、「個人事業でも最低報酬500万円以上」など、サービスや運営方針にバラツキがあります。

スモールM&Aアドバイザーに個人事業の売却相談をする際は、「個人事業でも受付可能か?」「M&A報酬(報酬が発生するタイミングも)」を必ず確認するようにして下さい。

アドバイザーによっては、最低報酬200万円前後で受付してくれる場合もあります。

スモールM&Aアドバイザーを選ぶ際は、実際に面談してみて自分の条件に合うアドバイザーを選定しましょう。

《参考記事》

個人事業の事業承継・M&A 記事一覧

M&A手数料はどのくらいかかるの?

スモールM&Aアドバイザーとは?

個人事業の売却の手続きは?

個人事業の売却には事業譲渡(営業譲渡)を利用します

事業譲渡とは、企業(今回であれば個人事業)の保有するある一部の事業を譲渡するM&Aスキームです。

事業を譲渡した側(売り手)はその代価を現金でもらい、事業を譲受した側(買い手)はその代価を現金で支払い、その事業を得るのです。

スモールM&A手続きの中で、最も多いスキームではありますが、株式譲渡に比べると若干複雑で手間も要します。

各詳細については、参考記事をご覧ください。

《参考記事》

株式譲渡と事業譲渡の違いとは?

M&Aスキームとは?

事業譲渡における相場や事業価値の評価方法、そして価値評価の高め方とは?

個人事業主必見!個人事業も売却できる?個人事業の事業譲渡手続きを解説

個人事業の事業評価方法は?

個人事業の売却の相場と事業価値の評価方法は、一般的に以下のように算出されます。

譲渡する事業資産(時価)+将来見込まれる営業利益の1~2年分=事業価値の評価額

譲渡する事業資産(時価)と将来見込まれる営業利益の算出方法については、参考記事をご覧ください。

《参考記事》

個人事業を売却したい!その相場は?価値を高めるには?

個人事業を売却する時の注意点

一般のM&Aと、スモールM&Aを実行する際の注意点については異なる論点があます。

更に、スモールM&Aと個人事業を実行する際の注意点もやはり論点が異なります。

ポイントは、「従業員」「取引先」「各種契約関係」の引継ぎの3点です。

詳しくは、参考記事がありますので、以下記事をご覧ください。

《参考記事》

個人事業主が事業譲渡する時の注意点

まとめ

以上、「個人事業の売却!相談先と基礎知識!」を、ご説明しました。

相談先は、「個人事業でも受付可能なスモールM&Aアドバイザー」であり、個人事業を売却する時の基礎知識は、「個人事業の売却は事業譲渡をM&Aスキームにする」「個人事業の事業評価方法は、譲渡する事業資産(時価)+将来見込まれる営業利益の1~2年分」「個人事業売却の注意点すべきポイントは、従業員、取引先、各種契約関係の引継ぎの3点」という事でした。

個人事業の売却については、一般的なM&Aと比較し、特殊な論点が多くあります。

自身で譲渡手続きをする事も可能ですが、その場合は、取引事故を起こさぬよう充分に気を付けてM&Aを実行するようにして下さい。

個人事業のM&Aは手続きが煩雑且つ、複雑となるためスモールM&Aアドバイザーにサポートしてもらう事をお奨めします。

安全取引を心がけましょう。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

他の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

また次の記事でお会いしましょう。

それでは。

《関連記事》

個人事業の事業承継・M&A 記事一覧

スモールM&A 記事一覧

事業承継・M&Aを失敗しないための注意点 記事一覧

M&A・事業承継 企業概要書作成プラン

スモールM&Aのデューデリジェンスのご依頼もお受付致します。

弊社へのご意見・ご感想をお待ちしております。

いつもアジュール総合研究所をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今後の弊社サービスレベル向上のため、弊社サービスや投稿記事へのご意見・ご感想
または、投稿して欲しい記事のリクエストをお待ちしております。

《弊社へのご意見・ご感想・投稿リクエストはこちらのリンクよりお願い致します》

タイトルとURLをコピーしました