【Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020受賞】

仲介前提?FA可?専門家なし?仲介手数料?M&Aマッチングサイトの疑問点

M&Aマッチングサイト

仲介前提?FA可?専門家なし?仲介手数料?
M&Aマッチングサイトの疑問点を解説

M&Aマッチングサイトに掲載されている売却案件を見ていると、「仲介前提」「FA可」「専門家なし」「仲介手数料」などと記載されている事にお気づきでしたでしょうか?

《参照記事》

M&Aマッチングサイトとは?

M&Aマッチングサイトでの売却を試みたが、上手くいかない!

会社を売却したい!M&Aマッチングサイトの上手な使い方とは?

M&Aマッチングサイトを利用するメリットとは?

M&Aマッチングサイトで買収交渉開始!交渉がスムーズにいくテクニックとは?

弊社に事業承継・M&Aのご相談をされる方より、この表示についてのご質問を受けることが度々あります。

何気なく書かれているこの表示は無視していいものなのでしょうか?

当然「NO」です。

この表示はM&A交渉における前提条件を付したもので、特に買い手は交渉打診をする前に必ず確認する必要があります。

これを無視してM&Aマッチングサイトで交渉を試みることはマナー違反では済まない場合があるので、注意が必要です。

では、これらの表示の意味はいったい何なのでしょうか?

今回は、「仲介前提?FA可?専門家なし?仲介手数料?M&Aマッチングサイトの疑問点」を、解説致します。

《関連記事》

サラリーマン向けスモールM&A講座

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

仲介前提?FA可?専門家なし?仲介手数料?

これらの表示の意味だけではなく、注意点などもご説明していきます。

仲介前提とは?

仲介前提とは、同一のM&A仲介会社が売り手と買い手のM&Aアドバイザーを請け負うという意味で、いわゆる「両手案件」というものです。

売り手についているM&Aアドバイザーが案件を管理しており、それに対しアプローチする買い手は同一のM&AアドバイザーにM&Aのサポートを依頼する事を前提に掲載されている案件という訳です。

買い手のM&Aアドバイザーも請け負う事になるので、M&Aアドバイザーに対するM&A報酬も発生します。

報酬については各M&Aアドバイザーによって異なってくるので、掲載内容を必ず確認するようにしましょう。

また、仲介前提案件は、買い手M&Aアドバイザーからのアプローチは基本的に不可となります。

つまり、買い手がもとよりM&Aアドバイザーを依頼しているM&A仲介会社はその案件へのアプローチは出来ないという事になりますので、M&A仲介会社と専任契約をしている場合は、注意が必要です。

また、買い手はM&A仲介会社に支払うM&A報酬の他にM&Aマッチングサイトへの成約手数料を支払うのが一般的なので、手数料についても確認するようにして下さい。

FA可とは?

FA可とは、M&A仲介会社が売り手のM&Aアドバイザーのみを請け負っているという意味で、いわゆる「片手案件」というものです。

M&Aマッチングサイトによっては「売り手FA」と記載されている場合もあります。

売り手についているM&Aアドバイザーが案件を管理しており、それに対しアプローチする買い手は、独自で交渉する事も可能ですし、自社で条件の合うM&Aアドバイザーを探し、M&Aのサポートを依頼し、M&Aアドバイザーに交渉をしてもらう事も可能です。

ちなみに案件によっては、買い手アドバイザーを付けていないと交渉を断られる場合もあります。

《参照記事》

買い手アドバイザーがいないと交渉を断られる!?

独自に交渉する場合はM&A報酬は発生しませんが、M&A仲介会社に買収のサポートを依頼する場合は、当然M&A報酬も発生します。

報酬については各M&Aアドバイザーによって異なってくるので、必ずお問い合わせし確認するようにしましょう。

また、FA可は、M&A専門家からのアプローチが可能なので、買い手がもとよりM&Aアドバイザーとして依頼しているM&A仲介会社はその案件へ直接アプローチする事ができ、売り手のアドバイザーと交渉する事する事が可能です。

M&A交渉の当事者は、売り手、売り手アドバイザー、買い手、買い手アドバイザーの4者となり、一番オーソドックスな形となります。

また、買い手はM&A仲介会社に支払うM&A報酬の他にM&Aマッチングサイトへの成約手数料を支払うのが一般的なので(独自での交渉も同様)手数料についても確認するようにして下さい。

専門家なしとは?

その名の通り、売り手にアドバイザーが付いていない案件となり、株主又は担当者と直接M&A交渉を行える案件です。

M&Aマッチングサイトによっては、「オーナー直接」等と表示されている事があります。

売り手と買い手が直接M&A交渉する形となるので、成約した場合は、基本的に買い手のみがM&Aマッチングサイトに手数料を支払い、M&Aアドバイザーへの報酬を支払う必要はありません。

しかし、売り手と買い手どちらもM&Aアドバイザーにサポートを依頼しないため、取引事故を起こす可能性はかなり高くなります。

《参照記事》

事業承継・M&Aを失敗しないための注意点

この形式での成約を目指す場合は、取引事故を起こさぬよう十分に注意しながらM&Aプロセスを確実に遂行するようにしましょう。

《関連記事》

サラリーマン向けスモールM&A講座

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

まとめ

以上、「仲介前提?FA可?専門家なし?仲介手数料?M&Aマッチングサイトの疑問点」を、ご説明しました。

売り手、買い手ともにM&Aアドバイザーに依頼しない独自交渉を全否定するつもりはありませんが、M&A専門家として、かなりリスクのあるM&A取引であると、警鐘を鳴らさせて頂きます。

M&AアドバイザーをM&A交渉に入れないまでもM&A事故防止の為、顧問弁護士、税理士などに必ず相談するようにして下さい。

M&Aマッチングサイトには興味があるが、自分で利用する事に不安がある方は、M&Aマッチングサイト運営にM&Aアドバイザーを紹介してもらうことも可能です。

売り手側、買い手側どちらも対応可能ですので、M&Aマッチングサイト運営に問い合わせし、最適なM&Aアドバイザーを紹介してもらい、M&A成約まで導いてもらいましょう。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

他の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

《関連記事》

サラリーマン向けスモールM&A講座

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

スモールM&Aアドバイザー アジュール総合研究所にご相談下さい。

弊社へのご意見・ご感想をお待ちしております。

いつもアジュール総合研究所をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今後の弊社サービスレベル向上のため、弊社サービスや投稿記事へのご意見・ご感想
または、投稿して欲しい記事のリクエストをお待ちしております。

《弊社へのご意見・ご感想・投稿リクエストはこちらのリンクよりお願い致します》

タイトルとURLをコピーしました