【Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020受賞】

企業買収を希望者されている方必見!スモールM&Aはスピードが命!

スモールM&A

企業買収の成功には、迅速な意思決定が必須!

特にスモールM&Aがスピード重視とされる

理由とは!?

近年のM&A市場が活況の中、M&Aマッチングサイトの向上に伴い、企業買収を行いやすい時代に入りました。

特にスモールM&Aについては、買収検討から買収実行までのスピードが求められています。

今回は、スモールM&Aがスピードを重視する理由をご説明します。

《関連記事》

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

スモールM&Aがスピードを重視する理由 6つ

スモールM&Aがスピードを重視する理由、6つをご説明します。

買収価格が手ごろ

スモールM&Aの場合、通常のM&Aよりも買収価格が安価となります。

相場的にも1,000~3,000万円程度となるので、売り案件に少々の問題が
有っても、買収に出る方が多く、投資判断が早いです。

優良案件はすぐになくなる

M&Aアドバイザーを長く経験していると、これはかなりの「あるある」です。

とにかく、優良案件は意向表明(購入の意思表示)が出るのが早いです。

特にスモールM&Aの場合、トップ面談の翌日にも意向表明が出ることがあります。

売却希望価格が上がってしまう

スモールM&A案件且つ、優良案件において、買収候補先は通常のM&Aよりも複数の方が手をあげられます。

そうなってくると、売り手側の判断としてはより高い購入意思を持っている先との交渉を継続していくので、結果的に買収価格が当初よりも高まる可能性が出てきます。

いわゆる、入札になってしまうので、意思決定にまごついている暇はないのです。

M&Aマッチングサイトの進化

近年では、M&Aマッチングサイトも多数開設され、使用方法も進化してきています。

売り手側も複数のM&Aマッチングサイトに掲載するので、かなりの数の買い手候補が集まります。

その中から選抜されていくので、優良案件については確実に他社と競合します。

買収担当者の設置

ここ10年ほどで、M&Aに力を入れる企業が増加してきました。

一昔前までは、トップが自ら買収交渉を行っていましたが、近年では社内に買収担当者を置き、買収網を広げている企業も珍しくないです。

最終的な買収の意思決定については、当然トップが行うのですが、スモールM&Aの場合は、社内決裁も取り付けやすく、買収までの期間がかなり短縮されています。

買収頻度が多いさきが増えた

M&A市場活況下で、複数回の買収経験のある企業も増加しています。

これに伴い、買収側のM&A練度も高まり、交渉や社内決裁、意思決定のスピードも上がってきています。

これからM&Aの買収に新規参入すると、かなり熾烈なレースになるという事を覚悟しなければなりません。

《関連記事》

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

まとめ

以上、スモールM&Aがスピードを重視する理由、6つをご説明しました。

感覚値ではありますが、スモールM&A且つ、優良案件の場合、最短で2ヶ月程度での最終譲渡契約の締結も珍しくなくなりました。

まず6か月もかからないです。

本気でスモールM&A市場での買収を検討する場合、投資の意思決定には時間をかけてはいけません。

確かに、投資の意思決定は慎重に行う必要はあるのですが、買わざる(買えなかった)リスクもあるという事も心に留めておく必要があります。

スモールM&Aを成功させるのに重要なのは「スピード」です。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

《関連記事》

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

スモールM&Aアドバイザー アジュール総合研究所にご相談下さい。

弊社へのご意見・ご感想をお待ちしております。

いつもアジュール総合研究所をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今後の弊社サービスレベル向上のため、弊社サービスや投稿記事へのご意見・ご感想
または、投稿して欲しい記事のリクエストをお待ちしております。

《弊社へのご意見・ご感想・投稿リクエストはこちらのリンクよりお願い致します》

 

タイトルとURLをコピーしました