【Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020受賞】

デューデリジェンスと監査の違いとは?

スモールM&A

デューデリジェンスと監査の違いとは何?

以前の記事で、デューデリジェンスについての解説をしました。

《参考記事》

デューデリジェンス(買収監査)って……何!?

デューデリジェンスについては、M&A実行前に、売り手から提出された資料とインタビューを元にリスクの洗い出しを行うという漠然としたイメージをお持ちの方が多い事でしょう。これと同時に、デューデリジェンスと監査との違いは何なのかが分からない方も大多数いらっしゃるようです。

どちらも会社の内容を詳しく見るという点で同じように感じる方も多いでしょうが、実際は似て非なるものなのです。

では、デューデリジェンスと監査の違いとはいったい何なのでしょうか?

今回は、「デューデリジェンスと監査の違いとは?」を、解説致します。

《関連記事》

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

デューデリジェンスと監査の違い

デューデリジェンスと監査について、それぞれ分けて説明していきましょう。

監査とは財務報告書の適正性を見る法定業務

通常、監査は法定業務として実施されます。

会社法や金融商品取引法によって義務付けられた監査が代表的なもので、監査を実施できる唯一の担い手は公認会計士です。

端的に言うと、公認会計士が、会社の財務報告内容について、適正であるか否かの保証(お墨付き)を行う業務です。

具体的には、投資家や債権者保護を目的に一般に公正妥当と認められた手続きに準拠して監査を実施し、会社が公表する財務報告書(決算書など)の内容が適正か否かの意見を表明するものです。

デューデリジェンスは買収資産や事業の任意調査

デューデリジェンスは、買い手側が専門家に依頼し、買収資産や事業に対し実施する任意調査です。

調査事項については、依頼者と調査する専門家が合意手続きを行った事項に限定し実施されます。

つまり、調査事項は依頼者が必要とした範囲に限られるのです。

依頼を受けた専門家は合意した手続きに基づいて調査を実施し、発見事項や助言内容を成果物として依頼者に報告します。

また、監査の担い手は公認会計士に限定されているのに対し、デューデリジェンスは公認会計士、弁護士、税理士、不動産鑑定士、社労士、コンサルタントなど様々な専門家に依頼する事が可能です。

《関連記事》

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

まとめ

以上、「デューデリジェンスと監査の違いは何?」を、ご説明しました。

デューデリジェンスも監査も日常生活において馴染みのない方が大多数で、今回の内容はなかなかお難しく感じられたかも知れません。

まずはデューデリジェンスと監査の違いとそれぞれの内容のイメージだけでも把握していただけましたら幸いです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

他の関連記事もご覧いただけますと幸いです。

《関連記事》

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

スモールM&Aアドバイザー アジュール総合研究所にご相談下さい。

弊社へのご意見・ご感想をお待ちしております。

いつもアジュール総合研究所をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今後の弊社サービスレベル向上のため、弊社サービスや投稿記事へのご意見・ご感想
または、投稿して欲しい記事のリクエストをお待ちしております。

《弊社へのご意見・ご感想・投稿リクエストはこちらのリンクよりお願い致します》

タイトルとURLをコピーしました