【Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020受賞】

M&Aで脱サラしたい方へ!スモールM&Aにおいて営業利益0の会社が売れるわけ!

サラリーマン向けスモールM&A講座

 

スモールM&Aにおいて
営業利益0円の会社が売れるわけとは!?

会社買収をご検討された際、M&Aマッチングサイトで検索される方が多い事でしょう。

その中で、営業利益0~100万円などの案件が掲載されている事が度々あります。

一見すると利益が出ていないので、「この案件の検討は回避」という判断をされると思いますが、数か月後に「成約済み」にステータスが変更されており、なぜ成約したのだろうと疑問に思われた事はないでしょうか?

今回は、スモールM&Aにおいて営業利益0円の会社が売れるわけについて解説致します。

《関連記事》

サラリーマン向けスモールM&A講座

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

なぜ、営業利益0円の会社が売れるのか?

営業利益0円の会社が売れる理由と、その案件の検討ポイントについてご説明します。

見るべきポイントは役員報酬

ご確認いただきたいのが役員報酬です。

ご自分で会社を経営されている方にはご理解いただけると思いますが、税金対策のため、損益をトントンにされる経営者の方が多い事でしょう。

当然、売り手も同じように損益トントンで決算を終えられるよう、何かしらの経費で調整しているのです。

そこで見ていただきたいのが役員報酬です。

例えば、役員が1名、営業利益0円で、役員報酬を1,000万円いただいている場合と、役員が1名、営業利益500万円で、役員報酬を500万円としている場合で、考えてみます。

会社を売却後、役員が退任する場合、どちらも役員報酬は0円となり、営業利益は両者とも1,000万円となります。

つまり、どちらも同じという訳です。

実際は、新オーナーが役員となり役員報酬をもらう事になりますが、どちらのケースでも、営業利益0円にし、役員報酬を1,000万円にすることが可能なのです。

税金を考慮しなければ、年収500万円のサラリーマンが、2,000万円の会社を買収た場合、役員報酬を1,000万円受け取ることができれば、単純に年収は2倍となり、投資回収期間は2年という事になります。

つまり、スモールM&Aにおいては、投資の回収については別に、営業利益をベースに考える必要はないという事です。

それに気付いている方が、営業利益0でも購入に動くのです。

《関連記事》

サラリーマン向けスモールM&A講座

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

まとめ

以上、スモールM&Aにおいて営業利益0円の会社が売れるわけについてを、ご説明させていただきました。

今回は、簡単にご説明させていただきましたが、役員報酬の他にも、その案件の安全性、収益性、成長性など、その他の要素も検討材料に入れなくてはいけません。

ただ、営業利益0なので、検討対象から即外すのではなく、その案件の中身をよく見るようにして下さい。

中には、金の卵が眠っているかも知れませんよ。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

《関連記事》

サラリーマン向けスモールM&A講座

スモールM&A

Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020を受賞しました

事業承継・スモールM&Aのご相談

首都圏以外の方の事業承継・M&Aのご相談もオンライン面談で承ります。

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。

スモールM&Aアドバイザー アジュール総合研究所にご相談下さい。

弊社へのご意見・ご感想をお待ちしております。

いつもアジュール総合研究所をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今後の弊社サービスレベル向上のため、弊社サービスや投稿記事へのご意見・ご感想
または、投稿して欲しい記事のリクエストをお待ちしております。

《弊社へのご意見・ご感想・投稿リクエストはこちらのリンクよりお願い致します》

 

タイトルとURLをコピーしました