【Batonz(バトンズ)ベストアドバイザー2020受賞】
事業承継・M&Aを失敗しないための注意点

事業承継・M&Aを失敗しないための注意点 第2回「秘密保持の重要性」

今回はM&Aを実行する上で、最も重要な「秘密保持」についてご説明していきますが、案外ここの部分を理解されていない方が多く、売り手、買い手双方どちらも注意していただきたいところです。一般的に、M&Aに関する情報は、適切な時期まで社内外への公表しません。特に売り手側にとっては、M&A交渉を行っている事が社内外へ知れてしまうと、取引先との信用不安や社員のモチベーションの低下、離職につながるなど、経営自体が傾いてしまう可能性があります。また、買い手側にとっても、売り手側の価値を適切に判断し、M&Aを円滑に進めるためにも、社外秘として情報漏洩対策を講じておく必要があります。この「秘密保持」について違反があると損害賠償請求を受ける事もあり、この部分については、細心の注意をもって事業承継・M&Aに取り組んでいただきたいところです。
事業承継・M&Aを失敗しないための注意点

事業承継・M&Aを失敗しないための注意点 第1回「M&Aアドバイザーの選び方」

事業承継・M&Aを失敗しないための注意点 第1回「M&Aアドバイザーの選び方」 事業承継・M&Aは、スキーム策定や交渉、手続きなどの難しい作業が多く、一般の方が独自に成約させる...
スモールM&A

デューデリジェンスと監査の違いとは?

デューデリジェンスについては、M&A実行前に、売り手から提出された資料とインタビューを元にリスクの洗い出しを行うという漠然としたイメージをお持ちの方が多い事でしょう。これと同時に、デューデリジェンスと監査との違いは何なのかが分からない方も大多数いらっしゃるようです。どちらも会社の内容を詳しく見るという点で同じように感じる方も多いでしょうが、実際は似て非なるものなのです。では、デューデリジェンスと監査の違いとはいったい何なのでしょうか?
サラリーマン向けスモールM&A講座

個人でも買収できる!小規模M&A案件の探し方!

個人の方ですとM&Aの業務に携わった事のない方が大半で、どのように個人M&Aを進めたらいいのか、そして、個人でも買収できる案件をどのように探せばよいのか分からない方が殆どです。では、個人の方が買収できる案件はどのように探せばいいのでしょうか?今回は、「個人でも買収できる!小規模M&A案件の探し方!」を、解説致します。
スモールM&A

合併と買収の違いって何?

弊社に会社や事業の売却、または買収のご相談にいらっしゃる方からただくご質問の中に、合併と買収の違いが分からないので、違いを教えて欲しいとのお声をいただく事があります。 確かに、M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略であり、直訳すると「合併と買収」になります。 広義の意味でも合併と買収の両方を含んだ言葉であり、組織再編の際などに使われる方法の全般を指すものなので、合併と買収の区別がつかないのも無理からぬ事です。 今回は合併と買収の違いについてを解説していきます。
個人事業の事業承継・M&A

個人事業主が事業譲渡する時の注意点

個人事業主が事業譲渡する時の 注意点について解説 前回、前々回と個人事業の売却・譲渡手続きや譲渡価格の相場、価値の高め方についてのご説明をさせていただきました。 《前回記事》 個人事業...
サラリーマン向けスモールM&A講座

サラリーマン向けスモールM&A講座 第10回(最終回)「今までの講座まとめ」

M&Aマッチングサイトでアプローチ! 「今までの講座まとめ」 サラリーマン向けスモールM&A講座、第9回では「経営者としての資質とは」を、解説しました。 《前回記事》 サラリーマン...
サラリーマン向けスモールM&A講座

サラリーマン向けスモールM&A講座 第9回「経営者としての資質とは」

サラリーマン向けスモールM&A講座、第8回では「買収を成功させている人が持っている3つの能力」を、解説しました。弊社にM&A起業のご相談の中で、果たして自分には経営者たる資質はあるのか?をご質問される方も多くいらっしゃいます。
サラリーマン向けスモールM&A講座

サラリーマン向けスモールM&A講座 第8回「買収を成功させている人が持っている3つの能力」

サラリーマン向けスモールM&A講座、第7回では「サラリーマンが会社を買うメリット」を、解説しました。弊社にM&A起業のご相談に来る方の中で、買収を成功させている人は、ある3つの能力を持っています。その能力とは、誰よりも「度胸」「行動力」「決断力」があるということです。具体的にはどういうことなのでしょうか?
社会保険労務士事務所のM&A

社会保険労務士事務所を売りたい!小規模事務所でも売却可能?

弊社に社会保険労務士事務所を売却したい方から、よくいただくご質問ですが、年間売上1,000万円程度、従業員1~3名程の小規模事務所でも売却はできるかとのご相談をいただきます。結論から言うと年間売上1,000万円程度、所員1~3名程の小規模事務所でも売却可能です。
タイトルとURLをコピーしました