中小企業M&Aガイドライン遵守について

新型コロナウィルス感染症の影響で経営難に陥っている、中小零細企業・個人事業の経営者様へ

お知らせ

中小零細企業・個人事業の経営者様及び、
税理士・会計事務所の方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により経営が困窮している中小零細企業・個人事業を経営されている方、及び、そのような状況にある顧問先を抱えられている税理士・会計事務所の方へ発信させていただきます。

アジュール総合研究所 通常業務再開のお知らせ

アジュール総合研究所では、緊急事態解除宣言を受けまして、5月26日より通常業務を再開しております。

自粛期間中、皆様にご不便をおかけしたこと、深くお詫び申し上げます。

今般の騒動により、事業を経営されている方におかれましては、持続化給付金をはじめ、補助金や助成金、融資施策、さらには税制施策を活用し、事業継続に苦心されていることと存じます。

弊社としましても、新型コロナウィルスが、一刻も早く完全なる収束を迎え、皆様に平穏な日々が戻る事を心からお祈りしております。

新型コロナウィルス感染症下において皆様にお伝えしたい事

今回の記事で皆様にお伝えしたいことは、この状況を乗り越える手段の一つにM&Aを利用した出口戦略も加えていただきたいという事です。

M&Aについて、マイナスなイメージを持たれている方も多くいらっしゃることと存じますが、第三者に買収されることにより、事業や雇用の継続ができるという利点もございます。

また、大手企業の傘下に入る事があれば、資金調達も有利になり、大企業の経営ノウハウも自社に取り込むことが可能となります。

そして、M&Aの手段をとるのならば、早期にご検討とご相談をいただきたいのです。

スモールM&Aにおける、買い手側の現状として、キャッシュリッチな企業は、この状況を好機ととらえ、企業買収に意欲的ですが、そうでない企業は、買収延期や交渉を中断しています。

ここからが重要で、皆様に一番お伝えしたいところです。

キャッシュリッチな企業の投資資金は、当然無尽蔵ではありません。

また、金融機関も新型コロナウイルス対策融資やリスケの対応で、LBO(レバレッジドバイアウト)への融資や投資案件に手は回らず、借り入れによる買収資金の調達には時間を要します。

つまりは、時間が立つにつれて、買い手先がますます減少していくという事なのです。

買い手側は、M&A市場に出回った優良案件から順に購入していきます。

各種給付金や、補助金、助成金などの手段を尽くした後、いよいよもってM&Aの手段に出た時、優良な買い手先は残っているのでしょうか?

答えはノーです。

時間が経過するほど、M&A仲介業者に依頼してもマッチングや有利な交渉がが困難になってきます。

給付金などの施策でしのぎ切ることに越したことはないのですが、M&Aに踏み切るのであれば、迅速なご判断をいただきたいのです。

また、今取り組まれている施策とM&Aの施策を同時並行させることも可能です。

一旦市場に出していただき、この状況が乗り越えられそうならば、交渉を取りやめにし、好条件での交渉が進むようであれば、そのまま譲渡契約まで完結させるということも可能です。

手段は複数あるに越したことはありません。

M&Aも出口戦略の一つとお考え下さい。

難しい選択とかじ取りを強いられていることと存じますが、アジュール総合研究所が事業継続と皆様の幸せの一助になれますと幸いでございます。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

2020年5月31日
合同会社アジュール総合研究所
代 表 伊藤 圭一

お問い合わせや、弊社サービスについては下記のリンクよりページをお開き下さい。

中小零細企業・個人事業主のM&Aのご相談はスモールM&Aアドバイザー・アジュール総合研究所へご相談ください

アジュール総合研究所はスモールM&Aアドバイザーです。
中小零細企業、個人事業主の方へ、スモールM&Aアドバイザリーサービスを
ご提供しております。

中小零細企業の経営者、個人事業を営まれている方に
無理のないM&A報酬をご用意しております。


是非、お気軽にご相談下さいませ。

【スモールM&Aについての関連記事も是非、ご覧ください。】
スモールM&A関連記事

スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料をメールでお送りしております。
スモールM&Aアドバイザー・サービスご案内資料はこちらからお願い致します。

 

タイトルとURLをコピーしました